紫外線散乱剤タイプ。

今週の美白ケア・ワンポイントアドバイス!

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類がありますが、日焼け止めで肌が赤くなったりかぶれてしまう人は、紫外線散乱剤タイプのものを選ぶとよいでしょう。
紫外線散乱剤・ノンケミカル処方・紫外線吸収剤不使用などと表示されています。

ご予約は、フェイシャルエステ癒-メインサイトからどうぞ。


■ フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース先着順に割引!

人数限定なのでお早めに。

■ マイクロスコープとトリプルセンスで正確にチェックできます!

こちらの無料サービスは、全てのフェイシャルコースでご利用いただけます。